引越しの見積もり

★口コミで人気の引越しサイト♪
↓   ↓   ↓
⇒安い引越し業者を教えます。

安い引越し業者を知りたい人

私は以前引越し業者の仕事をしていました

その時得た知識から、おすすめの業者の選び方をお話ししますね

今度引越しが決まったけど、どの業者に頼んだら良いかわからない・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時にネットで一括見積もりに出すと一番安い業者を選ぶことが出来るのです

しかも無料で依頼出来ますので、ネット一括見積もりがおすすめです

⇒引越し一括査定はこちら

また引越しまでまだ時間がある人もいますよね。

そんな時でもまずは一度引越し一括査定に依頼をだして一番安い業者を見つけましょう

⇒引越しを安くするには?

引越しの一括査定業者について

引越しの一括査定業者について語りますね。

最近ではネットで一括査定をする人が増えてきました。

理由は一番安い業者を選ぶことが出来るので、お得な引越しが出来るのです。

しかも全国どこにいてもネット環境があれば引越しの見積もりがわかるので、ネットでの一括査定がおすすめなのです。

とても便利なので是非一度査定してみてくださいね。もちろん無料です。

⇒引越しを安くするには?

ちなみに引っ越しの一括査定はもちろん無料です。

引越しの季節について

引越しをする時の口コミで人気のおすすめの業者などを書きたいと思います。

まずは引っ越しの時に準備として必要なのは多めのダンボールで、私の場合はチェックリストを作成して流れ作業にしています。これなら忘れないし。

ところで一昔前なら引っ越した先で、挨拶代わりに粗品としてお菓子や相手が気を使わない程度のギフトカード、定番のタオルなどの手土産を持っていったものですが、最近ではそういう仁義をあまり通さないでも良い場合が多いのです。(もちろん地方などは別だと思いますが、都会ではそういう習慣がなくなりつつあります。)

また業者におまかせするのが一番楽なんだけど、ただ単身者の場合は単身パックを利用して近距離を引越ししたりするし、もし長距離の引っ越しの場合にも単身ならそんなに荷物がないので、長距離の引越しの場合にもお気に入りのオススメの業者を指定すると良いでしょう。

だいたい遠距離の場合はなるべくなら安い業者を選びたいだろうし、市内などの近距離の場合は値段もかんけいあるけどすぐに頼める業者を選ぶ傾向にあるものなのです。

お勧めの月やシーズンの時期や時間帯など色々と考えると思いますが、たいがいは今度大学生になる時期や就職に伴う引越しで3月が多くなるのです。だからこの時期に引越しの見積もりを頼むと、見積り額が高くなっていたりするのです。

そう考えるとオススメの安い時期や季節は人が引っ越さない時期を狙えばよくなりますが、そう都合よくいかないのです。そういう時にはネットでの一括査定で業者を比較して格安の業者を選べばよいのです。

またピアノや電子ピアノ、またはエアコンの場合も専門の業者に頼む場合があるし、家具や家電の場合も大きさによっては台車を利用しないといけない場合があるのです。

他にも子育てのために新築を選んで、そのために建て替えで一時期借りる場合もあるでしょう。

また車(レンタカー)やトラックを借りて自分で引っ越しをする人もいると思います。

場所的に都会だとオフィスの大型荷物などやエアコンなども業者だとスムースに移動できるものなのです。もちろん個人でしてもよいですけどね。

また口コミで安い業者や比較サイトなどの情報もお送りしますね。

しかし昔は近所の挨拶にお菓子などの簡単な粗品やギフトを挨拶代わりに送ったものですが、最近は全くなくなりましたね。

また単身だと近距離になるからレンタカーを借りる場合もあるし、学生で地方から上京した場合には長距離の引越しになるものなのです。まあ遠距離になると値段が気になると思うので、一人だと単身パックを利用したりするものなのです。

またダンボールなどもかなりの個数になるので最初に安く手に入れたいものです。まあたいがいはダンボールは無料で手に入る場合が多いですけどね。

オフィスなどの場合はかなり大掛かりな荷物になると思うので、値段も上がるし、業者に頼む時にはかなりの人数になると思いますが、会社なので特に気にする必要はないものなのです。

また引越し業者の比較サイトを利用して選択するのも良いでしょう。

引越しおすすめ業者(特に多い地域):横浜市・岡山県岡山市・沖縄県・関西・関東・岐阜県岐阜市・京都府京都市・九州地方・熊本県熊本市・広島県広島市・高知県高知市・埼玉県・埼玉の地域・札幌市・滋賀県・首都圏・新潟県新潟市・神戸市・神奈川県・仙台市・千葉市・千葉県・大阪府・大阪市・大阪の地域・・都内・東京都・奈良県奈良市・姫路市・品川区・福岡県・福岡市・兵庫県・北摂地域・名古屋市

特に最近ではかなり中央線沿線・田園都市線沿線・京王線沿線など人気の路線に集中する傾向があり、雑誌などの人気ランキングに影響されて、特に大学生が引越しする傾向があります。社会人の場合には意外と静かな地域を選んだりします。

引越しの人気の地域など

まずは業者のサイトランキングや比較サイトを参考にして安い料金の会社を選んだりしますが、実際の口コミなどを見ると良かったとか悪かったとかさまざまな意見が出てきてどれを参考にしたら良いかわからなくなります。

特に就職などで都会に出てくる単身者の場合は時期や季節的にはまず3月くらいが多いと思いますが、単身パックを利用して安い料金で済む場合が多いと思います。でも単身者の場合にはあまり隣に挨拶などをしないと思います。

もちろん家族の場合にはたいがいは丁寧な挨拶をするし、挨拶代わりに、お菓子やギフト、タオルなどの粗品を手土産に両隣に持っていく場合が多いものなのです。

また関西から首都圏・関東に引っ越す場合にはけっこう言葉の問題とか風習の問題で大変かも。もちろん逆に東京の人間が関西に行った場合にも同じだと思うのです。

また場所的に地域の特質というのがあるので、例えば関西エリア内での移動とか関東エリア内での移動の場合にはそれほどストレスはたまらないと思うのです。

業者に見積もりなどをおまかせした場合、はたして安く見積りがあがるのでしょうか。まあ業者のいいなりになってしまう傾向にあると思います。もちろん格安価格や激安価格をもし望むとしたら、やはりネットでの業者の一括査定がお勧めなのです。

それは一社ではなく、さまざまな業者からの見積もりが出るので値段を比較できるのです。もちろん近場での引越し、近距離の場合でも、それこそ福岡県から東京都に移動するぐらいの長距離、つまり遠距離の場合でも一括査定なら一番お気に入りの業者を選べば良いのです。

また初めての一人暮らしの人もいるでしょう。そんな場合に家具や家電をひと揃えたいものなのです。学生の一人暮らしの場合にはまあせいぜい家電のみだと思いますが。

ところで東京で人気の路線って知っていますか?学生の場合には田園都市線や京王線で、社会人の場合には中央線(これは新宿経由で東京に一本で通勤できるから。)が人気の路線なのです。

ところで一番良いシーズン時期と言われた場合、やはり地域によって違うと思うのです。理由は九州と北海道では自然環境が違うし、豪雪地帯だと冬はかなりきつくなる可能性があるのです。逆にいうと南国の場合にはあまり季節を問わないといえるのかもしれないですね。

つまりエアコンが必要な地域(もっとも今の日本ではほとんどの地域がエアコンが必要でしょうが。)の場合に、エアコンの取り外しなどの作業もあると思うのです。

また荷物の梱包のためにダンボールをどのくらい用意したら良いのか、業者の費用や業界最安料金はどこか見積もり相場を比較したいのです。まあどこも無料で査定してくれます。また単身者の場合の料金で格安または激安の料金でできる口コミで評判の良い業者に依頼したいものです。

またアコースティックのピアノの場合は専門の業者に依頼が必要だし、電子ピアノくらいならまあ重量的には普通の業者でOKなのです。またチェックリストを作り、何が終了したかをチェックすると忘れないでしょう。

また近距離で移動の単身者の場合は、レンタカーや車を利用する場合もあるかも知れません。もちろん荷物は専門の業者に頼むのですが。

子育て中の家族の場合には広々とした郊外の新築に移動の場合もあるし、建て替えの場合もあるかも知れません。

大きな家具は台車で移動するし、オフィスの場合には荷物の量がかなり多くなると予想されます。

また時間帯はなるべく明るい内に現地に着きたいですよね。それは荷物整理もあるし、到着先のロケーションを知るという意味もあるのです。

地域的には東京23区内を移動する人やそれこそ同区内の近所の移動だけですむ人もいるでしょう。また首都圏の都内を移動の場合もあるし、地方では県内や同じ市内つまり同一市内の移動の場合もあるし、北海道の人なら道内の移動や道外に移動する場合もあるので長距離移動が考えられるのです。また本当に近場や場合によっては同じアパート内を移動する場合もあるのです。

特に北海道の札幌市から長距離移動で九州地方まで移動したらなるべく荷物を減らしたいものです。もちろん関西地方(大阪の地域)や関東などの首都圏に移動する場合も同様です。

東北だと仙台市からの移動で東京都23区や都内に移動する場合もなるべく荷物を減らして移動したいものなのです。埼玉県などの埼玉の地域から東京23区に就職などで移動の場合もなるべくなら実家に荷物を置いていくと良いでしょう。

また特に東京23区で品川区が人気のスポットなのです。沿線では前にも書きましたが中央線沿線や京王線沿線、田園都市線沿線などが人気の地域なのです。

神奈川県ではやはり横浜市が一番人気でオシャレのイメージがあるのです。千葉県千葉市から一気に沖縄県に移動する人もライフスタイルが変わるから、持って行く荷物も厳選したいものです。

滋賀県で有名なのはやはり琵琶湖で新潟県新潟市と言えばやはり米どころのイメージ。名古屋市は丁度関西の入り口のイメージで、古都京都府の京都市は外国人観光客に大変人気なのです。また大阪府の大阪市や北摂地域は関西の代表的地域と言えるでしょう。

兵庫県の姫路市や奈良県の奈良市は歴史的に古いし、岐阜県の岐阜市は岐阜城で有名なのです。広島県の広島市やオシャレな神戸市、岡山県の岡山市は瀬戸内海沿い、高知県の高知市は四国の代表的地域。

九州では福岡県の福岡市や熊本県の熊本市が有名です。

引越しの見積もり相場について

引越しの見積りの相場を知りましょう♪単身者の場合にはパックを利用するとけっこう安く上げられるし見積もりの相場も安くなると思います。

ところで引っ越しの時期についてですがやはり3月か4月が一番多く、家族や夫婦の場合には2LDKや3LDKの広さが必要ですが、また二人以上だとけっこう荷物が多いのですが、単身者の場合には一人暮らしなのでそれほどの荷物があるわけではないのです。

また暑い地域に引っ越す場合にはエアコンなどの取り付けもあるでしょう。例えば北海道の札幌市から東京や大阪、もしくは福岡などに引っ越す場合、当然エアコンがついた物件(というかまずついていますが)を選ぶのです。

ところで30万〜40万、場合によっては50万くらい遠距離だと引越しの費用がかかる場合もあるのです。もちろん4人家族の場合ですけど。これも荷物の量によってかなり差が出てくる傾向にあり、余計に不用品を処分するか売ってしまった方が良い場合もあるのです。理由はもちろん値段に反映されるのもあるし、新品を買った方が良い場合も多いのです。

特に最近は家電はかなり節電モードになっており、新品の方が電気代が安くついたりするのです。

引越しの見積もりができるおすすめの比較サイトについて

引越しの見積もりができるおすすめの比較サイトについて語ります。

ところで引越しの見積もりで一番気になるのはいかに安く依頼できるかだと思います。

ところでネットにあるおすすめの比較サイトの場合ですが、やはりあくまで私見なので、私は色々な業者に依頼できる一括サイトを利用するのをおすすめします。

ところで条件ですが1人暮らしから4人家族まで考えると部屋の広さは1K・1LDK・2DK・3LDKなどが適当でしょう。もちろんワンルームでも十分の人もいるし、仮の住まいの場合にはそんなに広い部屋は必要がないと思います。

引越しの見積もりが安い時期について

ところで引越しの見積もりが安い時期というのは比較するとだいたい人気のない月ですから、混雑する3月4月を超えた時を依頼時期にすると安い値段で依頼できると思います。(地域によって多少は違うと思いますが)

特に単身者が引っ越す場合には割合自由が利きますから、混雑期を避けて依頼をすると良いでしょう。

また単身者にとって引っ越しの見積もりは家族持ちに比べて比較すると安い値段で依頼できるのです。

もちろん一人暮らしの人の相場はかなり安く設定されている場合が多いものなのです。

また何曜日に業者に予約したいか、または何を用意したら良いのか(ダンボールや紐など)。料金的にはいくらぐらいか。この場合にも地域によってかなり差が出ていると言えるでしょう。

引越しの見積もりを安くする方法やコツについて

引越しの見積もりを安くする方法やコツについて書きますね。

また引越しの見積もりが安くなるのは前にも書きましたが混雑する季節を外すに限りますね♪

引越しが割合多い季節は1月もしくは2月、3月から3月末で4月にかけてはもう一番忙しいのです。でも意外なのは8月も多い(これは夏休みを利用して引っ越すから)し、10月から11月そして年末の12月も忙しいのです。

また業者は距離によって格安の値段だったり、学生の学割などの割引があったり会社によってサービスはさまざまなのです。また何社かに一括査定を出して割引率を比較して見るのも良いでしょう。

また引っ越しの準備にはシミュレーションが大事で、一度頭の中でシュミレーションしてどういう風に荷造りしたらよいかチェックポイントなどを考えると良いのです。

引越しの一括おすすめ見積もりサイトの依頼と評判

引越しの一括おすすめ見積もりサイトの依頼と評判について書きますね。

ではなぜネットでの引越し一括おすすめ見積もりサイトに依頼するとお得なのかと言うと、もう単純な話しで、複数の会社に同時に見積もりを依頼できるので、比較できると評判なのです。

また荷物量の概算をチェックリストを作っておくと見積もりがしやすいでしょう。

他にも3月や4月の相場とか、早ければ3ヶ月前に依頼しておけば3週間前から2週間前、中には1週間前に依頼するとどたばたして忙しいものなのです。

また荷造り前に荷物の量をチェックしておきましょう。たいがいは荷物が増えた!と驚きますから(笑)。

またダンボール数が気になるところですが、ダンボールサービスがたいがいはついているのであまり気にしなくて良いでしょう。

また2トントラックか4トンを使うかなどもなるべく荷物を少なくするのをおすすめします。

また単身者の場合は、けっこう近距離や近場に引っ越す場合が多いので、キャンペーンの激安価格の金額を設定している業者ってけっこうありますよね。また人気の業者だと値引きや値切り方についてかなり勉強してくれる場合が多いものなのです。

つまり単身パックは相場としては半額、は大げさにしても単身者には安い金額で設定している場合が多いのです。これは最近は家族ではなくて単身者での引っ越しが多いということなのです。

値段もたとえ長距離でも単身者の場合は荷物そのものが少ないですからかなり安く設定できるのです。

単身者の引越しの相場について

単身者の引越しの相場について色々と書きますね。

まず単身で都内に引越しする人、安い相場はいくらぐらいか気になるところです。

だいたい例えば同じ市内ならなんとなく理解できると思いますが、特に地方から出てきた人は同じ都内でも23区(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区)のどの区に行くかによって全然家賃が違うというのを理解するのが大変だと思います。

そんな時に都内までの見積もりを依頼してだいたいの目安をつけておく必要があるし、もし学生ならお金は親が出す場合が多い(まあ中には自分で出す奇特な子供もいるかも知れませんが。)ので、余計に査定額を知る必要があるのです。

それに市内の引越しの場合には場合によっては友人に頼む場合もありますが、重たい荷物はやはり専門の引越し業者に頼んだ方が良いと思います。

それに比べて県内での引越しの相場は単身の場合、市内に比べて少しだけ割高になります。でも県内と言っても岩手県みたいに広い県もあれば、香川県みたいに小さな県もあるので、一概に料金については色々あるのです。

また単身で離島に赴任などの場合、まるで映画の世界ですねー。また県内や市内、または同一市内だけでなく東京23区に引っ越す場合の相場ですが格安で請け負う業者などもあるみたいです。

他にも長距離だと割高になるので安い業者や格安の業者を見つけるためにも一括査定で相場を知る事が必要なのです。

また近距離の相場や長距離の相場は単身者と家族持ちの場合では料金に雲泥の差があり、特に家族の場合にはやはり大型荷物の存在が料金に反映されるものなのです。または家族や夫婦、他にも同棲していたカップルが同棲解消して引っ越すという場合もあるでしょう。

また単身者の短距離での相場や遠距離での相場で気をつけたい点はトラックのサイズ(2tもしくは4t)なのです。だいたい単身者ってそんなに荷物本来はないはずですよね?例えば家電とか家具はなるべくなら実家に置いて、現地で安い家具(カラーボックスなど)を調達した方が結果的に安くあがることもあるのです。

また不用品は引き取りをしてもらってすっきりさせたいし結局は荷物を減らす効果があると思うのです。また都内から福岡などの遠距離の場合にもなるべくなら荷物を減らした方が良いのです。

また荷物が少量ならなるべく最安値の値段の業者を選びたいものなのです。特に女性の単身者の場合には荷物を最小限にしたいものなのです。

また長距離でも安い料金で依頼したいし、短距離または近距離、もしくは中距離の値段も業者を比較して検討してみたいものです。他にも引越し先ではまずは色々な物件に訪問して比較して選びましょうね。

また不用品は回収して廃棄もしくは処分してなるべく荷物を少なくしたいものなのです。特に同一市内の場合には荷物が少ないので一括見積もりに頼むと相場的には最安値が期待できます。

単身者が引越しする場合

単身者が引越しする場合のさまざまな情報を書きますね。

だいたい単身パックを利用する単身者が多いと思いますが単身の場合には前にも書きましたが、料金の相場は安い場合が多いのです。それは一番需要があると言えるのですが。

需要があるという事は料金について差別化できるし、料金が一番格安で設定できるのです。なのでおすすめなのです。

また近距離の場合、ダンボールの数とか荷物が少ない方が当然費用が安いし、おすすめの業者を選びたい時にもやはり値段で選ぶと思うのです。もちろん口コミランキングなどを参考にして選択しても良いですし、単純に料金のみで選択しても良いのです。

ところで単身で引越しする場合に、各会社が単身パック(おまかせパックやらくらくパックなど)を用意していると思うのですが、比較するとそれぞれに長所や短所があるし、荷物が少ない場合と荷物が多い場合とか、あとは手伝いの人数とかさまざまな角度から検討してどこの会社を選ぶかじっくり検討して下さいね。

単身者の場合には家電のほかに大きな荷物になりそうなのはベッドですが、折りたたみ式のベッドとかホームセンターで売っている安いベッドを買う方法もあるので、なるべく荷物を減らすことを心がけたほうが良いと思います。

本当は家電なしの状態で相手先の住居に家電つきの物件を借りる方法もあります。まあそうすると今度は少し家賃が高くなる可能性もあるので、やはり家電は運ぶしかないかも。

ところでダンボールの個数ですが、荷物の量により変わるのは当然ですが、大きなダンボールを少し用意するのか、小さなダンボールをたくさん用意するのか。これは実は荷物の中身によって変わるのです。

例えば本は重いので小さなダンボールに小分けにした方が良いとか、ぬいぐるみみたいな軽いものは大きなダンボールでもOKとか、中身によってダンボールの大きさを変えてください。やはり基本は荷物が多めの人はスリム化して荷物が少ない状態が一番なのです。

ところで引っ越し当日はばたばたしないようにあらかじめチェックリストを作成しておけば、当日落ち着いて行動できるでしょう。

また安い費用や値段で単身者が引っ越す場合、時間の目安などが価格の決め手になります。ところで単身で上京した場合、挨拶は必要か?社会人と学生では立場が違いますが、最近ではたいがい挨拶はそれほど気にしなくて良いと思います。まあ少し寂しいような気もしますがこれも時代の流れですね。

また最近では車よりも自転車や原付バイクの方が便利(特に都会、都内や首都圏など)なので、引っ越しの荷物の一つに加えて良いと思います。

繁忙期や即日頼んだ場合の相場ですが、これはやはり会社によってかなり差が出てくると思います。また評判の良い会社、つまり口コミの評判が良い会社ですが、これはあくまで目安の程度にとどめておいた方が良いのです。

また訪問なしでネットで見積もりしてだいたい概算を見つけるのも相場を知る一つの手なのです。他にも単身者の場合と家族との違いですが、人数の違いもありますが荷物の量、他にももろもろかかる費用が違ってくるのです。

また最初に準備リストを用意しておいて、荷物の量を概算でも良いので把握しておいた方が良いと思います。また繁忙期である3月から4月は急ぎで引っ越す(特に社会人の異動の場合)場合が多いのですが、この場合の相場を気にしても、出てきた予算と費用はあくまで会社持ちの場合が多いのですからあまり気にする必要はないのです。

ところで業者でどこが安いか、そしていくらかかるのか、平均の値段は、予算の目安、金額は定額でよいのか(パックの場合は特に)、追加料金はかかるのか。単身者の場合にかかる引っ越しの費用は安いものだと1万以下もしくは1万円くらいから三万円くらいまで、荷物の量が多いと概算で10万円くらいが相場なのかも。これだけさまざまな疑問が出てくるものなのです。

また家族だとコンテナを使うぐらいの容量になったりしますが、単身者の場合はトラックでも場合によっては軽トラックでも十分運べるし、もっと荷物が少なければ軽トラやボックスタイプでも十分運べるし、人によってはレンタカーを利用する場合もあるでしょう。

また今まで単身だったのが結婚して一緒に住む場合も考えられるのです。また必要なもの、つまり必需品のみを選択するのがポイントと言えます。

単身者はワンルームに引っ越しする場合が多いそうです。また料金が安い業者ランキングなどや、大学生の場合は節約して学割を利用して賢く節約します。また近場の場合の段ボールの目安や手順や手続きなどなど。他にも夢占いで引っ越しをする人もいるそうなのです。まあお告げというやつですか。

またマンションの場合にも挨拶は必要かと言われても隣が不在の場合が多いので、まあ挨拶は不要でしょう。

主な荷物はベット(布団)・電化製品(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・パソコン・エアコン)・カラーボックスやハンガーボックス・乗り物はバイクや自転車などです。

訪問してもらい見積もりを取る流れで、その時にダンボールをどのくらい使うかの目安を確認しておくと良いでしょう。



引越しの荷造りするコツについて。

私の引っ越し体験談

私自身も何回も引っ越し経験者なので体験談とコツを書きますね。

自分のスケジュール調整を上手くして少ない時間を利用して荷造りを作りました。荷物の量や保管方法など。平日の予約方法や年末の忙しい時など。

代金の総額からどのくらい値引きしてくれるのか。また挨拶の手土産やマンションの場合も挨拶が必要なのか。

平均的な費用はいくらぐらいか。初期費用や所要時間、お手伝いや自力で運ぶ方法、初めての人の持ち物や梱包方法、

割引率や楽に引っ越す方法、格安の業者の口コミ情報や概算でいくらぐらいか。繁忙期の業者にかかる費用や見積もりの料金、長距離(50kmから300kmぐらいかな。)の場合の値段や価格など。

どんどん疑問がわいてくるものなのです。

また注意する点やトラックには誰が同乗するのか?丁寧に運んでくれるのか?段取りや業者の選び方や申し込み方法、チップなどの心付けは必要なのか。

とりあえずチェックリストを作ってダンボールを集めました。もちろん無料です。ダンボールのみでも無料でスーパーでもらえるのです。見たことがあるよね。ちなみにダンボールは平均いくつぐらい集めたらよいのか?

私はベッドがセミダブルだけど、やはりシングルの方が良いと思ったので引っ越し先で買いました。

何日前から準備をしたらよいのか、いつ荷物を引き取りにくるのか、あまり荷物が多ければ一時預かりしてくれるのか、もしくはトランクルームなどで一時保管した方が良いのか。まあタイミングの問題もありますが。

また一括見積もりを頼んだ場合にはやはり値段で選んだ方が良いのか。それとも知名度で選んだ方が良いのか。

特に大きな荷物を移動しなくちゃいけないのはしんどいので私はとりあえず単身だったので実家に大きな荷物は置いておきました。

他にも買わずにレンタルで色々と借りる方法も考えたのですが、結局は買うのを我慢しました。

ところでレディースプランやファミリープラン(2人以上など)みたいなプランも会社によってあるみたいですが、単身者にも単身パックというのが有名ですよね。

特に引っ越しに関してのマニュアル、つまり手続き一覧みたいなものがあると思いますが、それはあくまで参考にして、自分なりの考え方ですすめた方が良いと思いますよ。予算とか経済状況とかね。あと自分の仕事状況もあったりしますから。

ちなみに引っ越しの値段の価格帯は1万円以下・2万円・3万円・4万円・5万円・6万円・7万円・8万円・20万円くらいかな。

単身の場合は1Kかワンルームぐらいの大きさで十分なのさ。2tトラック一台で十分じゃないかな。

荷物の保管方法も月によって違います:1月・2月・3月・3月末日・4月・4月下旬・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月・12月下旬・年末・当日・前日・お盆・ゴールデンウィーク・春休み・夏休み・冬休み・秋休み

単身引っ越しの見積もり:近距離・短距離・遠距離・市内・都内・同一市内・県内・県外・東京23区(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区)

所要時間:東京から大阪間・関東から関西間・札幌・大阪・福岡・北海道・京都・大阪市内・東京

引越しのおすすめ比較サイトについて

引越しのおすすめ比較サイトについて書きますね。

引っ越しで見積もりを頼む時に最近人気がある一括サイトで料金を比較して頼む人が多いのです。

やはり安い価格をつけた会社に頼みたいし、安さが自慢の会社に頼みたいのです。特に一人暮らしの場合はなるべくお金をかけたくないので。

マイホームや新築マンション購入で家族、つまりファミリーでの引越し。結婚した場合には最近の経済状況を示して費用は折半する場合が多いようです。単身の場合はもちろんワンルーム。

学生割引で格安もしくは概算で激安の価格で引越しが出来るのです。場合によっては下宿も視野に入れると良いでしょう。

区内などの近所や近場の近くに引っ越す場合にも、最小限で最低限の荷物の方が良いのです。または家族や夫婦、同棲していたカップルが同棲解消して引っ越す場合もあるでしょう。

入居の時に半額ですむ方法や業者比較、不用品を捨てる方法や物件について、物置はあった方が良いのか、目安や予算を抑える方法や内訳や内容。

引越しの費用の相場について

引越しの費用の相場について書きますね。

物件の広さ・間取り:1K・1LDK・2DK・2LDK・3LDK・4LDK

家族構成:独身・一人暮らし・1人・2人暮らし・3人・4人家族

引っ越しの費用の相場:5万円・20万円・30万円・40万円・50万円・60万円

トラック:2トントラック・4トントラック

安い会社や安い月、安い時期や安くするには。土日や平日、何曜日か、年間を通して安い月は、年末年始や繁忙期について、値段はいくらか、いつが安いか。

業者:エアコン移設・エアコン取り外し・エアコン取り付け・エアコン設置・エレクトーン・グランドピアノ

大型荷物区分:家具・家電・洗濯機・原付バイク・バイク・自転車・ピアノ・ベッド・ダブルベッド

運送会社に頼むときに引越らくらくパックを利用したり、引越を年末にしたりするのが良いと思います。半額割引なども適用される場合あり。

荷造りした時の荷物量で荷物が少ないと思うくらいがよいのです。

会社転勤は会社負担なのです。ただ転職の場合には個人負担になると思います。

引越しの季節で最適なのは、休日や月初や月別ではどんな傾向があるのか。女性にとって梱包はけっこう大変なのです。また総額けっこうかかるので節約しないとね。

単身パックの総額や値引きや値切りについて、貯める必要があるのか、貯金はどのくらいあった方が良いのかなど。家族や夫婦など。もしくは同棲していたカップルが同棲解消して引っ越す場合もあるでしょう。

いやいや同棲していたカップルが同棲解消と言うのは悲しい話しですが、これはしょうがないと思います。若気の至りなのです。

地域や距離、人気の沿線などの一覧:つくば市・愛媛県・茨城県・宇都宮市・宇部市・羽村・浦安市・塩尻市・横須賀市・横浜市・岡山県・岡山市・沖縄県・岐阜県・宮崎県・宮崎市・京都市・京都府・釧路市・熊本県・熊本市・群馬県・広島県・広島市・高松市・高知県・高知市・埼玉県・札幌市・札幌市内・三重県・山形県・山形市・山梨県・四日市・滋賀県・鹿児島県・鹿児島市・室蘭市・秋田県・秋田市・松戸市・松江市・松山市・沼津市・新潟県・新潟市・神戸市・神奈川県・水戸市・盛岡市・青森県・青森市・静岡県・静岡市・石川県・仙台市・千葉県・千葉市・倉敷市・大阪市・大阪市内・大阪府・長崎県・長崎市・長野県・長野市・鶴岡市・天草市・都城市・東京都・奈良県・奈良市・八王子市・姫路市・富山県・富山市・武蔵野市・福岡県・福岡市・福山市・福島県・兵庫県・米子市・別府市・北海道・北摂・名古屋市・名古屋市内・立川市・和歌山県・近所・近場・区内・県外・県内・市内・同一市内・同区内・道外・離島・関東・関西・九州・23区・都内・首都圏・中央線・田園都市線・京王線・近距離・短距離・中距離・遠距離・長距離

北海道の引越しについて

北海道の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

北海道と言ってもはっきり言って広いので道内での引越しと道外に引っ越すばあいでは全然料金が変わると思うのです。

北海道で引越し業者に一括見積もりを頼んで、料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

北海道市町村一覧表:札幌市(中央区・北区・東区・白石区・豊平区・南区・西区・厚別区・手稲区・清田区)・函館市・小樽市・旭川市・室蘭市・釧路市・帯広市・北見市・夕張市・岩見沢市・網走市・留萌市・苫小牧市・稚内市・美唄市・芦別市・江別市・赤平市・紋別市・士別市・名寄市・三笠市・根室市・千歳市・滝川市・砂川市・歌志内市・深川市・富良野市・登別市・恵庭市・伊達市・北広島市・石狩市・北斗市

またやはり寒冷地地方特有の問題もあり、水道管凍結とか雪道とかありますが、でも北海道は大自然に包まれていてとても綺麗なので、寒さを吹き飛ばす魅力があると思うのです。特に日本中から観光客がやってくるし、人気観光地のことは間違いなしなのです。特に雪祭りの季節はかなりの観光客が日本中から押し寄せますし、最近ではアジアの観光客に北海道が人気なのです。

当別町・新篠津村・松前町・福島町・知内町・木古内町・七飯町・鹿部町・森町・八雲町・長万部町・江差町・上ノ国町・厚沢部町・乙部町・奥尻町・今金町・せたな町・島牧村・寿都町・黒松内町・蘭越町・ニセコ町・真狩村・留寿都村・喜茂別町・京極町・倶知安町・共和町・岩内町・泊村・神恵内村・積丹町・古平町・仁木町・余市町

北海道は冬は寒いし、当然雪が深いので当然引越しに適している時期は春か夏に限りますが、それでも案外真冬に引っ越す人もわずかにいるようです。まあ特に突然の道内での転勤の場合にはしかたない場合もあります。

赤井川村・南幌町・奈井江町・上砂川町・由仁町・長沼町・栗山町・月形町・浦臼町・新十津川町・妹背牛町・秩父別町・雨竜町・北竜町・沼田町・鷹栖町・東神楽町・当麻町・比布町・愛別町・上川町・東川町・美瑛町・上富良野町・中富良野町・南富良野町・占冠村・和寒町・剣淵町・下川町・美深町・音威子府村・中川町・幌加内町・増毛町・小平町・苫前町・羽幌町・初山別村・遠別町

ちなみに道外の転勤の場合には相手先が雪国でない限りは別に季節を問わない(もっとも真冬はかなりキツイとは思いますが)のです。首都圏などには荷物を最小限にするのがコツと言えるでしょう。それは首都圏の物件はかなり狭い物件の可能性があるからです。

天塩町・猿払村・浜頓別町・中頓別町・枝幸町・豊富町・礼文町・利尻町・利尻富士町・幌延町・美幌町・津別町・斜里町・清里町・小清水町・訓子府町・置戸町・佐呂間町・遠軽町・湧別町・滝上町・興部町・西興部村・雄武町・大空町・豊浦町・壮瞥町・白老町・厚真町・洞爺湖町・安平町・むかわ町・日高町・平取町・新冠町・浦河町・様似町

そう言えば一時期やたら自転車やバイクで回る人が多かったものですが、最近ではあまりそういう傾向が少なくなってきました。案外中年以降の人たちが昔を思い出してバイクで回っているそうなのです。特に夏はツーリングは最高に気持ち良いそうなのです。

えりも町・新ひだか町・音更町・士幌町・上士幌町・鹿追町・新得町・清水町・芽室町・中札内村・更別村・大樹町・広尾町・幕別町・池田町・豊頃町・本別町・足寄町・陸別町・浦幌町・釧路町・厚岸町・浜中町・標茶町・弟子屈町・鶴居村・白糠町・別海町・中標津町・標津町・羅臼町

でもやはり一番多い季節は夏休みやお盆で真冬に引っ越す人は少数になります。まあ当然の話しになりますよね。つまり繁忙期に偏りがあると思って下さいね。

東北地方の引越しについて

東北地方の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

東北地方の場合、北は青森で南は福島なので北と南では全然違うものなのです。当然引越しの料金が変わるし適した季節も違うのです。

東北市町村一覧表:
青森県:青森市・弘前市・八戸市・黒石市・五所川原市・十和田市・三沢市・むつ市・つがる市・平川市・平内町・今別町・蓬田村・外ヶ浜町・鰺ヶ沢町・深浦町・西目屋村・藤崎町・大鰐町・田舎館村・板柳町・鶴田町・中泊町・野辺地町・七戸町・六戸町・横浜町・東北町・六ヶ所村・おいらせ町・大間町・東通村・風間浦村・佐井村・三戸町・五戸町・田子町・南部町・階上町・新郷村

東北地方で現地の引越し業者に一括見積もりを頼んで、東北地方の料金の一般的な相場を知り、その中でもっとも安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、東北地方で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

岩手県:盛岡市・宮古市・大船渡市・花巻市・北上市・久慈市・遠野市・一関市・陸前高田市・釜石市・二戸市・八幡平市・奥州市・滝沢市・雫石町・葛巻町・岩手町・紫波町・矢巾町・西和賀町・金ケ崎町・平泉町・住田町・大槌町・山田町・岩泉町・田野畑村・普代村・軽米町・野田村・九戸村・洋野町・一戸町

東北地方は北海道よりは寒くないけど、地域によっては雪が多いし、やはり引越しに適している季節は、北海道と同じく春か夏、もしくは秋に集中しますが、北海道と同じく中には真冬に引っ越す人もいるようです。

宮城県:仙台市(仙台市青葉区・仙台市宮城野区・仙台市若林区・仙台市太白区・仙台市泉区)・石巻市・塩竈市・気仙沼市・白石市・名取市・角田市・多賀城市・岩沼市・登米市・栗原市・東松島市・大崎市・蔵王町・七ヶ宿町・大河原町・村田町・柴田町・川崎町・丸森町・亘理町・山元町・松島町・七ヶ浜町・利府町・大和町・大郷町・富谷町・大衡村・色麻町・加美町・涌谷町・美里町・女川町・南三陸町

また東北はみちのくと呼ばれていて、北海道ほどには派手ではないけど、平泉などの歴史のあるたたずまいが大人気なのです。それに十和田湖とか田沢湖とか神秘的な湖も観光客に人気なのです。

秋田県:秋田市・能代市・横手市・大館市・男鹿市・湯沢市・鹿角市・由利本荘市・潟上市・大仙市・北秋田市・にかほ市・仙北市・小坂町・上小阿仁村・藤里町・三種町・八峰町・五城目町・八郎潟町・井川町・大潟村・美郷町・羽後町・東成瀬村

ねぶた祭りとか七夕祭りも人気があり、特に夏のお祭りが大人気の地域が多いのです。

山形県:山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・新庄市・寒河江市・上山市・村山市・長井市・天童市・東根市・尾花沢市・南陽市・山辺町・中山町・河北町・西川町・朝日町・大江町・大石田町・金山町・最上町・舟形町・真室川町・大蔵村・鮭川村・戸沢村・高畠町・川西町・小国町・白鷹町・飯豊町・三川町・庄内町・遊佐町

また北の青森ではかなり豪雪地帯が多いのですが、福島だとそれほどでもなく、特に南の関東に接している方はあまり雪が降らない傾向があり、季節的にはいつでもOKみたいな感じの地域もあります。

福島県:福島市・会津若松市・郡山市・いわき市・白河市・須賀川市・喜多方市・相馬市・二本松市・田村市・南相馬市・伊達市・本宮市・桑折町・国見町・川俣町・大玉村・鏡石町・天栄村・下郷町・檜枝岐村・只見町・南会津町・北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町・会津坂下町・湯川村・柳津町・三島町・金山町・昭和村・会津美里町・西郷村・泉崎村・中島村・矢吹町・棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・三春町・小野町・広野町・楢葉町・富岡町・川内村・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村・新地町・飯舘村

それでも東北は北海道と同じく人気の季節は当然暖かい夏休みやお盆の季節で、真冬に引っ越す人は北海道と同じく少数になります。

関東の引越しについて

関東の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。まあやはり日本の経済の中心地、東京がありますから当然日本全国から仕事を求めてやってきます。物件はけっこう家賃が高いので、荷物はなるべく少なくして、安くすませるのが良いでしょう。

関東市町村一覧表:
東京都:千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町・大島町・利島村・新島村・神津島村・三宅村・御蔵島村・八丈町・青ヶ島村・小笠原村

関東の場合、特に適した季節はないので一年中引越しが可能と言えるでしょう。それに関東の場合はやはり人口が多いので移動も盛んなので業者も過当競争の中にさらされていて、値段も交渉次第でかなり格安価格や激安価格になるのです。これはまあ当然と言えば当然の話しなのですが。また関東の場合には物件の値段もけっこう高いので割合荷物を少なくする傾向にあります。

神奈川県:横浜市(横浜市鶴見区・横浜市神奈川区・横浜市西区・横浜市中区・横浜市南区・横浜市保土ケ谷区・横浜市磯子区・横浜市金沢区・横浜市港北区・横浜市戸塚区・横浜市港南区・横浜市旭区・横浜市緑区・横浜市瀬谷区・横浜市栄区・横浜市泉区・横浜市青葉区・横浜市都筑区)・川崎市(川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市中原区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市宮前区・川崎市麻生区)・相模原市(相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区)・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・二宮町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町・愛川町・清川村

関東で引越し業者に一括見積もりを頼んで、関東の料金の相場を知り、その中で一番安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、関東で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。安くするのが一番です。

埼玉県:さいたま市(さいたま市西区・さいたま市北区・さいたま市大宮区・さいたま市見沼区・さいたま市中央区・さいたま市桜区・さいたま市浦和区・さいたま市南区・さいたま市緑区・さいたま市岩槻区)・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市・ふじみ野市・白岡市・伊奈町・三芳町・毛呂山町・越生町・滑川町・嵐山町・小川町・川島町・吉見町・鳩山町・ときがわ町・横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村・美里町・神川町・上里町・寄居町・宮代町・杉戸町・松伏町

また関東の場合には交通網も発展しているし、日本全国から集まってくるので当然料金プランの競争や、業者が多いので、かなり値段が安いプランを探すことができるのです。

千葉県:千葉市(千葉市中央区・千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市若葉区・千葉市緑区・千葉市美浜区)・銚子市・市川市・船橋市・館山市・木更津市・松戸市・野田市・茂原市・成田市・佐倉市・東金市・旭市・習志野市・柏市・勝浦市・市原市・流山市・八千代市・我孫子市・鴨川市・鎌ケ谷市・君津市・富津市・浦安市・四街道市・袖ケ浦市・八街市・印西市・白井市・富里市・南房総市・匝瑳市・香取市・山武市・いすみ市・大網白里市・酒々井町・栄町・神崎町・多古町・東庄町・九十九里町・芝山町・横芝光町・一宮町・睦沢町・長生村・白子町・長柄町・長南町・大多喜町・御宿町・鋸南町

観光地はやはり東京に集中するし、東京ディズニーランドなどはもう大人気!コンサートでも武道館など日本中からアーティストが集まってきます。

茨城県:水戸市・日立市・土浦市・古河市・石岡市・結城市・龍ケ崎市・下妻市・常総市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・笠間市・取手市・牛久市・つくば市・ひたちなか市・鹿嶋市・潮来市・守谷市・常陸大宮市・那珂市・筑西市・坂東市・稲敷市・かすみがうら市・桜川市・神栖市・行方市・鉾田市・つくばみらい市・小美玉市・茨城町・大洗町・城里町・東海村・大子町・美浦村・阿見町・河内町・八千代町・五霞町・境町・利根町

栃木県:宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・鹿沼市・日光市・小山市・真岡市・大田原市・矢板市・那須塩原市・さくら市・那須烏山市・下野市・上三川町・益子町・茂木町・市貝町・芳賀町・壬生町・野木町・塩谷町・高根沢町・那須町・那珂川町

群馬県:前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・榛東村・吉岡町・上野村・神流町・下仁田町・南牧村・甘楽町・中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・玉村町・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町

関西の引越しについて

関西の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

関西市町村一覧表:
大阪府:大阪市(大阪市都島区・大阪市福島区・大阪市此花区・大阪市西区・大阪市港区・大阪市大正区・大阪市天王寺区・大阪市浪速区・大阪市西淀川区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市生野区・大阪市旭区・大阪市城東区・大阪市阿倍野区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市西成区・大阪市淀川区・大阪市鶴見区・大阪市住之江区・大阪市平野区・大阪市北区・大阪市中央区)・堺市(堺市堺区・堺市中区・堺市東区・堺市西区・堺市南区・堺市北区・堺市美原区)・岸和田市・豊中市・池田市・吹田市・泉大津市・高槻市・貝塚市・守口市・枚方市・茨木市・八尾市・泉佐野市・富田林市・寝屋川市・河内長野市・松原市・大東市・和泉市・箕面市・柏原市・羽曳野市・門真市・摂津市・高石市・藤井寺市・東大阪市・泉南市・四條畷市・交野市・大阪狭山市・阪南市・島本町・豊能町・能勢町・忠岡町・熊取町・田尻町・岬町・太子町・河南町・千早赤阪村

関西の場合、関東と同じで特に適した季節はないので一年中引越しが可能と言えるでしょう。それに関西の場合は関東と同じで人口が多いので移動も盛んなので業者も過当競争の中にさらされていて、値段も交渉次第でかなり格安価格や激安価格になるのです。

京都府:京都市(京都市北区・京都市上京区・京都市左京区・京都市中京区・京都市東山区・京都市下京区・京都市南区・京都市右京区・京都市伏見区・京都市山科区・京都市西京区)・福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市・京丹後市・南丹市・木津川市・大山崎町・久御山町・井手町・宇治田原町・笠置町・和束町・精華町・南山城村・京丹波町・伊根町・与謝野町

関西で引越し業者に一括見積もりを頼んで、関西の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、関西で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。もちろんなるべく相手と交渉するのです。もっとも関西の人間の場合にはあまり心配ないのかも知れないですね。自然と交渉術が身に付いていると思います。

兵庫県:神戸市(神戸市東灘区・神戸市灘区・神戸市兵庫区・神戸市長田区・神戸市須磨区・神戸市垂水区・神戸市北区・神戸市中央区・神戸市西区)・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・洲本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍粟市・加東市・たつの市・猪名川町・多可町・稲美町・播磨町・市川町・福崎町・神河町・太子町・上郡町・佐用町・香美町・新温泉町

また商人の街でもあるので取り引きや値引きが盛んで値段については少し勉強してくれるかも知れません。関西では言わない手はないのです。とりあえず発言しましょう。

奈良県:奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・曽爾村・御杖村・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

和歌山県:和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・新宮市・紀の川市・岩出市・紀美野町・かつらぎ町・九度山町・高野町・湯浅町・広川町・有田川町・美浜町・日高町・由良町・印南町・みなべ町・日高川町・白浜町・上富田町・すさみ町・那智勝浦町・太地町・古座川町・北山村・串本町

滋賀県:大津市・彦根市・長浜市・近江八幡市・草津市・守山市・栗東市・甲賀市・野洲市・湖南市・高島市・東近江市・米原市・日野町・竜王町・愛荘町・豊郷町・甲良町・多賀町

東海地方の引越しについて

東海地方の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

静岡県:静岡市(静岡市葵区・静岡市駿河区・静岡市清水区)・浜松市(浜松市中区・浜松市東区・浜松市西区・浜松市南区・浜松市北区・浜松市浜北区・浜松市天竜区)・沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・島田市・富士市・磐田市・焼津市・掛川市・藤枝市・御殿場市・袋井市・下田市・裾野市・湖西市・伊豆市・御前崎市・菊川市・伊豆の国市・牧之原市・東伊豆町・河津町・南伊豆町・松崎町・西伊豆町・函南町・清水町・長泉町・小山町・吉田町・川根本町・森町

東海地方の場合、気候的には暖かいので一年中引越しが可能と言えるでしょう。それに東海地方の場合は関東と同じで人口が多いので移動も盛んなので業者も過当競争の中にさらされていて、値段も交渉次第でかなり格安価格や激安価格になるのです。また温暖な気候なので、特に時期を気にすることもないし、案外関東からの移住者も多いのです。

愛知県:名古屋市(名古屋市千種区・名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市西区・名古屋市中村区・名古屋市中区・名古屋市昭和区・名古屋市瑞穂区・名古屋市熱田区・名古屋市中川区・名古屋市港区・名古屋市南区・名古屋市守山区・名古屋市緑区・名古屋市名東区・名古屋市天白区)・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・春日井市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・東郷町・豊山町・大口町・扶桑町・大治町・蟹江町・飛島村・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町・幸田町・設楽町・東栄町・豊根村

東海地方で引越し業者に一括見積もりを頼んで、東海地方の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、東海地方で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。また海沿いの地域ではかなり温暖な気候もあり、のんびりした性格の人間が多いそうなのです。

岐阜県:岐阜市・大垣市・高山市・多治見市・関市・中津川市・美濃市・瑞浪市・羽島市・恵那市・美濃加茂市・土岐市・各務原市・可児市・山県市・瑞穂市・飛騨市・本巣市・郡上市・下呂市・海津市・岐南町・笠松町・養老町・垂井町・関ケ原町・神戸町・輪之内町・安八町・揖斐川町・大野町・池田町・北方町・坂祝町・富加町・川辺町・七宗町・八百津町・白川町・東白川村・御嵩町・白川村

三重県:津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市・名張市・尾鷲市・亀山市・鳥羽市・熊野市・いなべ市・志摩市・伊賀市・木曽岬町・東員町・菰野町・朝日町・川越町・多気町・明和町・大台町・玉城町・度会町・大紀町・南伊勢町・紀北町・御浜町・紀宝町

中部地方の引越しについて

中部地方の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

中部地方市町村一覧表:
山梨県:甲府市・富士吉田市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・北杜市・甲斐市・笛吹市・上野原市・甲州市・中央市・市川三郷町・早川町・身延町・南部町・富士川町・昭和町・道志村・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町・小菅村・丹波山村

長野県:長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市・小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村・佐久穂町・軽井沢町・御代田町・立科町・青木村・長和町・下諏訪町・富士見町・原村・辰野町・箕輪町・飯島町・南箕輪村・中川村・宮田村・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・根羽村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村・上松町・南木曽町・木祖村・王滝村・大桑村・木曽町・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・筑北村・池田町・松川村・白馬村・小谷村・坂城町・小布施町・高山村・山ノ内町・木島平村・野沢温泉村・信濃町・小川村・飯綱町・栄村

中部地方で引越し業者に一括見積もりを頼んで、中部地方の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、中部地方で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

石川県:金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市・川北町・津幡町・内灘町・志賀町・宝達志水町・中能登町・穴水町・能登町

中部地方の場合、気候的には寒いし雪が多い地方が多いので、引越しする時期は冬を除いた季節が多くなります。

新潟県:新潟市(新潟市北区・新潟市東区・新潟市中央区・新潟市江南区・新潟市秋葉区・新潟市南区・新潟市西区・新潟市西蒲区)・長岡市・三条市・柏崎市・新発田市・小千谷市・加茂市・十日町市・見附市・村上市・燕市・糸魚川市・妙高市・五泉市・上越市・阿賀野市・佐渡市・魚沼市・南魚沼市・胎内市・聖籠町・弥彦村・田上町・阿賀町・出雲崎町・湯沢町・津南町・刈羽村・関川村・粟島浦村

ただどうしても豪雪地帯が多く、冬の自然がかなり厳しいので、季節的には冬を避ける傾向にあるのは否めません。これは寒い地域に共通した傾向だとは思います。

富山県:富山市・高岡市・魚津市・氷見市・滑川市・黒部市・砺波市・小矢部市・南砺市・射水市・舟橋村・上市町・立山町・入善町・朝日町
福井県:福井市・敦賀市・小浜市・大野市・勝山市・鯖江市・あわら市・越前市・坂井市・永平寺町・池田町・南越前町・越前町・美浜町・高浜町・おおい町・若狭町

中国地方の引越しについて

中国地方の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

岡山県:岡山市(岡山市北区・岡山市中区・岡山市東区・岡山市南区)・倉敷市・津山市・玉野市・笠岡市・井原市・総社市・高梁市・新見市・備前市・瀬戸内市・赤磐市・真庭市・美作市・浅口市・和気町・早島町・里庄町・矢掛町・新庄村・鏡野町・勝央町・奈義町・西粟倉村・久米南町・美咲町・吉備中央町

中国地方の場合、気候的には山陽地方と山陰地方では違うのです。日本海側の山陰地方では雪も多いので季節的には冬以外で、山陽地方は瀬戸内海に面している気候で温暖なので、一年中時期的には引越しが可能と言えるのです。また瀬戸内海側の地域では温暖な気候もあるし、倉敷などの人気の観光スポットもあります。

広島県:広島市(広島市中区・広島市東区・広島市南区・広島市西区・広島市安佐南区・広島市安佐北区・広島市安芸区・広島市佐伯区)・呉市・竹原市・三原市・尾道市・福山市・府中市・三次市・庄原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・府中町・海田町・熊野町・坂町・安芸太田町・北広島町・大崎上島町・世羅町・神石高原町

中国地方で引越し業者に一括見積もりを頼んで、中国地方の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、中国地方で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

鳥取県:鳥取市・米子市・倉吉市・境港市・岩美町・若桜町・智頭町・八頭町・三朝町・湯梨浜町・琴浦町・北栄町・日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町

最近では出雲大社の縁結びが独身の男女に人気があり、夜行列車に乗り現地に朝に着き、お参りして一泊して帰るみたいな傾向もあるのです。

島根県:松江市・浜田市・出雲市・益田市・大田市・安来市・江津市・雲南市・奥出雲町・飯南町・川本町・美郷町・邑南町・津和野町・吉賀町・海士町・西ノ島町・知夫村・隠岐の島町

山口県:下関市・宇部市・山口市・萩市・防府市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・美祢市・周南市・山陽小野田市・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町・阿武町

四国の引越しについて

四国の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

四国市町村一覧表:
徳島県:徳島市・鳴門市・小松島市・阿南市・吉野川市・阿波市・美馬市・三好市・勝浦町・上勝町・佐那河内村・石井町・神山町・那賀町・牟岐町・美波町・海陽町・松茂町・北島町・藍住町・板野町・上板町・つるぎ町・東みよし町

四国の場合、気候的には暖かいので一年中引越しが可能と言えるでしょう。もちろん香川県や愛媛県や徳島県の温暖な瀬戸内海側と太平洋側の高知県では気候が違いますが、それでも温暖な気候なのです。もちろん台風の季節になるとけっこう通過する場合が多いので、避けなくてはいけませんが、そんなに天気を気にするわけにもいけないのです。もちろん真冬でも大丈夫なので、真冬を選択する方法もあります。

香川県:高松市・丸亀市・坂出市・善通寺市・観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三豊市・土庄町・小豆島町・三木町・直島町・宇多津町・綾川町・琴平町・多度津町・まんのう町

愛媛県:松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・新居浜市・西条市・大洲市・伊予市・四国中央市・西予市・東温市・上島町・久万高原町・松前町・砥部町・内子町・伊方町・松野町・鬼北町・愛南町

四国で引越し業者に一括見積もりを頼んで、四国の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、四国で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

高知県:高知市・室戸市・安芸市・南国市・土佐市・須崎市・宿毛市・土佐清水市・四万十市・香南市・香美市・東洋町・奈半利町・田野町・安田町・北川村・馬路村・芸西村・本山町・大豊町・土佐町・大川村・いの町・仁淀川町・中土佐町・佐川町・越知町・梼原町・日高村・津野町・四万十町・大月町・三原村・黒潮町

九州の引越しについて

九州の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

九州市町村一覧表:
福岡県:北九州市(北九州市門司区・北九州市若松区・北九州市戸畑区・北九州市小倉北区・北九州市小倉南区・北九州市八幡東区・北九州市八幡西区)・福岡市(福岡市東区・福岡市博多区・福岡市中央区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市城南区・福岡市早良区)・大牟田市・久留米市・直方市・飯塚市・田川市・柳川市・八女市・筑後市・大川市・行橋市・豊前市・中間市・小郡市・筑紫野市・春日市・大野城市・宗像市・太宰府市・古賀市・福津市・うきは市・宮若市・嘉麻市・朝倉市・みやま市・糸島市・那珂川町・宇美町・篠栗町・志免町・須恵町・新宮町・久山町・粕屋町・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町・小竹町・鞍手町・桂川町・筑前町・東峰村・大刀洗町・大木町・広川町・香春町・添田町・糸田町・川崎町・大任町・赤村・福智町・苅田町・みやこ町・吉富町・上毛町・築上町

九州の場合、気候的には暖かいので一年中引越しが可能と言えるでしょう。もちろん真冬でも移動が可能と言えるのです。また島も多いので、離島への引っ越しも場合もありえます。離島の場合には単身で短期間のみという場合もありますが、長期赴任の場合には荷物の量がかなり多くなる傾向があり、なるべく荷物のスリム化が望ましいのです。

佐賀県:佐賀市・唐津市・鳥栖市・多久市・伊万里市・武雄市・鹿島市・小城市・嬉野市・神埼市・吉野ヶ里町・基山町・上峰町・みやき町・玄海町・有田町・大町町・江北町・白石町・太良町

長崎県:長崎市・佐世保市・島原市・諫早市・大村市・平戸市・松浦市・対馬市・壱岐市・五島市・西海市・雲仙市・南島原市・長与町・時津町・東彼杵町・川棚町・波佐見町・小値賀町・佐々町・新上五島町

九州で引越し業者に一括見積もりを頼んで、九州の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、九州で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。

熊本県:熊本市(熊本市中央区・熊本市東区・熊本市西区・熊本市南区・熊本市北区)・八代市・人吉市・荒尾市・水俣市・玉名市・山鹿市・菊池市・宇土市・上天草市・宇城市・阿蘇市・天草市・合志市・美里町・玉東町・南関町・長洲町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・錦町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村・あさぎり町・苓北町

大分県:大分市・別府市・中津市・日田市・佐伯市・臼杵市・津久見市・竹田市・豊後高田市・杵築市・宇佐市・豊後大野市・由布市・国東市・姫島村・日出町・九重町・玖珠町

宮崎県:宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

鹿児島県:鹿児島市・鹿屋市・枕崎市・阿久根市・出水市・指宿市・西之表市・垂水市・薩摩川内市・日置市・曽於市・霧島市・いちき串木野市・南さつま市・志布志市・奄美市・南九州市・伊佐市・姶良市・三島村・十島村・さつま町・長島町・湧水町・大崎町・東串良町・錦江町・南大隅町・肝付町・中種子町・南種子町・屋久島町・大和村・宇検村・瀬戸内町・龍郷町・喜界町・徳之島町・天城町・伊仙町・和泊町・知名町・与論町

沖縄の引越しについて

沖縄の引越しの費用や相場、単身での引っ越しについて語りますね。

沖縄の場合、気候的には暖かいので一年中引越しが可能と言えるでしょう。それに県内での移動でも島から島への移動の場合も考えられますので船便も考慮した方が良いでしょう。

また日本中から観光客が押し寄せますし、ダイビングスポットとして有名なので、海が大好きな人にとっては最高の場所でしかも一年中海水浴が出来るのがうれしいのです。特に北国の人からはあこがれの目で見られているのです。

沖縄県市町村一覧表:
沖縄県:那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市・国頭村・大宜味村・東村・今帰仁村・本部町・恩納村・宜野座村・金武町・伊江村・読谷村・嘉手納町・北谷町・北中城村・中城村・西原町・与那原町・南風原町・渡嘉敷村・座間味村・粟国村・渡名喜村・南大東村・北大東村・伊平屋村・伊是名村・久米島町・八重瀬町・多良間村・竹富町・与那国町

沖縄で引越し業者に一括見積もりを頼んで、沖縄の料金の相場を知り、その中で安い格安な代金もしくは激安の値段で引き受けてくれる評判のおすすめプランを選んで、沖縄で単身での見積もり費用を比較して価格を決定しましょう。